12月7日(火)

総選挙後に浮き彫りになった文書交通滞在費問題

日割支給では各党とも足並みが揃っているが、使途公開などを含めるかどうかで各党の対応に違いが出ている


自民党と公明党は、足並みが揃ってる日割り支給だけで今国会で改正を図る意向

それに対し、維新と国民民主は、日割りに加え使途公開まで含めた改正案を提出



そして、立憲民主も維新・国民民主とほぼ同じ内容の改正案を遅れて提出した


これを受けた自公が、21日までの今国会では合意形成に時間不足だということで改正自体を見送るか、合意できる日割りだけを改正する法案を出すかどうかに注目だ

ここで自公が、日割だけの改正案を出したら、私は公開や返納まではしたくないという姿勢だと思う
10月31日の1日分だけの問題は、各党とも自主返納(寄付?)することにしているわけで、実態上解決しているも同然だ
問題は、これ以降のことなので、日割りに関してだけ言えば急ぐことはない

それを敢えて提出するとなれば、維新が言ってるように「それで幕引きを図るつもりで、公開などはしたくないのだ」というのは当たってるだろう
心配なのは、立憲の幹事長がその法案が出て採決に持ち込まれれば、賛成しそうな雰囲気を出している点だ
立憲が賛成すると見込めば、与党は間違いなくこの改正案を提出すると思う

ここは是非とも、次期国会に持ち越しても 
“日割り・公開・返納” の3点セットでの改正をすべきだ

野党の結束に期待する



今朝も冷え込んで、クムちゃんが見えないと思ったらストーブの前にいた
    DSC_1766
毛皮を着た犬も寒いということか・・

その後は、いつも通りの散歩とジムの一日だ
DSC_1773

DSC_1776






にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
 

70歳代ランキング